広報・お知らせ

交通事故にあった時

・負傷者がいる場合すぐに救急車を呼びましょう。

・事故の大きい小さいに関係なく必ず警察に連絡しましょう。〈保険の支払いには、交通事故証明書が必要になります〉

・自身の加入している保険会社に連絡をする。自身の判断ではなく、一度ご相談をしましょう。〈事故の当事者同士の話し合いはさけ、保険会社の方に間に入ってもらいましょう〉

・事故の状況をしっかり記録しておきましょう。日時、状況、住所、車両ナンバー、目撃者の確認です。

・重傷、軽傷に関係なく医療機関へ受診しましょう。画像診断をしてもらいましょう。事故直後の場合自覚症状がなく、体の痛みや頭痛が後から起こることがあります。   医療機関へ受診後は当院と平行しての治療が可能です。事故後に体に不調がある方、当院へ是非ご相談ください。 

突き指の治療

おはようございます。 昨日、突き指をされて治療に来られた方に包帯固定を行いました。 靭帯や関節の状態をみて、治療方法を決めていきます。

 

肘内障の治療

こんにちは! 先週4歳の男の子が左手を引っ張った際に痛めたと来られました。 元気な男の子でしたが、左手を上げてみてと言うと、痛がって上げようとしませんでした。肘内障になると肘の靭帯が外れかけている状態なので痛がって手を挙げなくなります。 すぐに整復を行なって肘を戻すようにしました。たくさんの患者さんが小さい男の子の整復を見ていたので、汗だくになりながら整復をしました。 男の子も痛いと言いながらも、なんとか泣かずに整復できました。 整復した後は、あれ痛くないと言って腕をあげることもでき、ホッとしました。 肘内障は一度なると小学校低学年くらいまで繰り返しなることもあるので、しっかりと説明させて頂きました。

シンスプリントの治療

学生の患者さんに多い疾患です。 急激に練習量が増えたり、走り込みによって痛めてしまう事が多いです。 場合によっては、疲労骨折の場合もあるので、鑑別が必要な疾患です。〈疲労骨折の可能性がある時は病院に紹介させていただきます。〉 このは整骨院では、特殊治療器を使用したり、鍼灸治療を行い治療をしていきます。 また、テーピングやストレッチの指導も行います。 試合や練習に合わせ、しっかりとした指導管理も必要となります。

シンスプリントで悩んでいる方は、ぜひご相談ください。