広報・お知らせ

足がつる原因と対策

おはようございます!

 

最近患者さんから足がよくつるとお話を聞きます。

 

今日は足がつる原因と対策についてです。

 

 

足がつるメカニズムは

 

筋肉が伸びている状態を脳に伝えるセンサーの

 

筋紡錘の働きが鈍くなって適切な命令が出せず

 

その結果、脳が筋肉に対して必要以上に

 

縮みなさいという指令を出します。

 

これが足がつってしまうメカニズムなのです。

 

 

筋紡錘の働きを弱くしてしまう原因はいくつかあります。

 

①筋肉疲労

 

②運動不足 血行不良 冷え

 

③加齢による筋肉量の減少

 

④水分不足

 

⑤ミネラル不足

 

⑥腰、骨盤の問題

 

これらが原因で足がつってしまうと言われています。

 

普段気をつけることとしたら

水分をしっかりとって

 

適度な運動をこころがけることが大切になります。

 

そして寝るときは足を冷やさないようにすることです

 

水分が知らないうちに体の外へ出ていきやすく

 

エアコンで足が冷えやすい

 

この季節こそ足がつりやすい時期でもありますので

 

しっかり気をつけて行きましょう。

 

当院でも足がつる原因の対策として

 

代謝を上げて冷えの予防、

 

身体のバランスを整えて

 

足にかかる負担を軽減させてくれる

 

骨盤矯正をおすすめします。

詳しくはこちら↓↓

http://konoha-seikotsu.com/special

 

 

 

診察時間
このは整骨院 710-0803 倉敷市中島467
086-465-5639 受付時間/8:30~19:30(曜日によって異なります)