受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

おいしい食事をおいしく適量食べることが心と体にいい影響を与える話

おいしい食事をおいしく適量食べることが心と体にいい影響を与える話

今回は、おいしい食事をおいしく適量食べることが心と体にいい影響を与える話です

どうせ食べるなら食事はおいしいものを適量食べる方が心にも体にもいいです

最近ではビュッフェスタイルのお店も多いですが、いつも食べ過ぎて後悔してしまいます

わざわざ高いお金を払って苦しい思いまでして、健康を失ってしまっては意味がありません

そういったことに心当たりがある方は今回の記事をスルメのごとくしっかりと噛みしめて読んでみてください^^

「まずい」食事は心と体に悪影響~第二の脳である腸をもっといたわろう

人間のカラダは食べたものでできているという事は皆さんもご存知でしょう

しかし、「まずい」食事は心と体に悪影響という事がわかっていたら少しでもふだん食べているものに気をつけるのではないでしょうか?

できればおいしいものを食べたいと思うのが普通でしょう^^

今回はこのまずい食事が及ぼすメンタルへの影響やダイエットの話を記事にしましたのでよろしければ目を通していただけると大変うれしいです

それでは張り切ってまいりましょう^^

目次

腸はメンタルの影響を受ける

腸は「第二の脳」

ダイエットなどでいくらストイックな食事をしても…

まとめ

腸はメンタルの影響を結構受ける

 食事をとる時のポイントは、好きなものをおいしく食べること

これは食べることが大好きな人には朗報だろう

自分自身のことになるが、食に関してあまり執着がない

おいしかろうが、まずかろうが栄養がとれていたらそれでよいのだ

そんな考えに一石を投じたのが今回の記事だ

なんと、まずい食事を我慢してとり続けていると自律神経に悪影響を与えるのだ

こうなってくると、今までの人生「健康にいい」と思ってまずいと思いながら食べていたあんなものやこんなものは実は心に多大なるストレスを与え、腸内環境が悪化して自律神経を乱している可能性がある

ここでは「限界まで追い込んだ食事の仕方はいいことはない」ということだけ言っておこう

メンタルが病んだらこちらを参照
 

 

整腸作用抜群^^

腸は「第二の脳」

腸は「第二の脳」といわれるほど精神的な影響を受けやすい臓器だ

ちょっとした緊張でお腹が痛くなったり、仕事や人間関係のストレスで便秘になったり蹴りになったりする

よその家に泊まりに行ったりしたときそんな経験をみんなしているのではなかろうか?

ストイックになることは大多数の人にとってはかなり苦痛なことであることは間違いない

そして、思い通りにできなかった時などは自己否定や自己嫌悪でストレスがたまる

そのストレスが腸に反応して腸内環境が悪化してさらに自律神経が乱れて、下痢や便秘を引き起こす

この悪循環のスパイラルに陥る

こちらにも胃腸関連の記事が書かれています^^
 

 

ダイエットなどでいくらストイックな食事をしても・・・

ダイエットなどで油や炭水化物抜きの食事をしても、まずいと思いながら食べたらストレスになるだけだ

ストレスを感じて食べるとカロリーは脂肪に変わってしまう

逆においしいものを楽しんで食べれば腸の動きは活発になり腸内環境や自律神経も安定してくる

そうなれば便秘や下痢になることなくきちんと消化吸収して、血流もよくなり代謝もアップ

無理なダイエットをせずとも体重増加を防ぐことができる

ただし、ストレスなく欲望のままにおいしく食べまくればいいというものではないのでので勘違いしないように

こちらも読んでいただけると嬉しいです^^
 

 

ダイエットの強い味方^^

まとめ

・腸はメンタルの影響をもろに受けるところでとてもデリケート

・腸は「第二の脳」頭と同じように影響を受けるので優しい生き方を心がけよ

・食事はまずいと思いながら食べたらだめ

おいしく、正しく、適量を、楽しく食べることを心がけよ

今日言いたいことはそれくらい

 
ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ
 
交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから