受付時間

このは整骨院

map

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きて一歩目が激痛が走るようになった
  • 痛くて病院に行ってレントゲンをとったが異常なしと診断され湿布だけ渡された
  • ランニングなど運動した後に痛みが出る
  • 体重をかける動作が痛くて仕方がない

なぜ足底筋膜炎がになるのか?|倉敷市西阿知 このは整骨院

つま先からかかとにかけて足の裏を縦に走っている足底腱膜という部分があるのですが、その膜がかかとにつくところ(付着部)における炎症のことを言います。中高年の女性に多く見られますが、若い男性のアスリートにも時折見られます。足底腱膜はかかととつま先を弦のように張っており、衝撃吸収をしているとされています。ランニングや体重増加などで足底腱膜に負担がかかると、かかとの付近で小さな損傷が起きます。

過激な運動だけでなく、いつも以上に歩いた、日常生活に比べて負担のかかる動きをした場合等でも、足底筋膜に負担がかかり痛みを引き起こすこともあります。損傷がすぐに治れば症状が起きませんが、年齢を重ねると治癒が遅れて治りきらない状態になります。

足底腱膜炎になりやすい項目|倉敷市西阿知 このは整骨院

強い衝撃を繰り返し与えるスポーツ

繰り返し衝撃を与えることで、足底筋膜は固くなります。足裏の筋肉に、毎日適切なケアを行わず繰り返し衝撃を与え続けると筋肉は固くなり足底筋膜炎になることがあります。

またアスファルトなどの地面が固い道は、地面からの衝撃も強く帰ってくるため負担が強くなります。

疲労の蓄積や加齢

長時間立ち仕事などによる疲労や加齢によっても足底筋膜が固まり、クッション機能が低下することで、足底筋膜炎になある場合があります。「歩き続けている」「太っている」からなりやすいとは限りません。

足のアーチの高さが崩れている人

足のアーチが高すぎる人、低い人(偏平足)は不均等なストレスが足の裏にかかりやすい為、足底筋膜に負担がかかりやすくなります。足裏に胼胝(タコ)ができている人はアーチが崩れているため、注意が必要です。

ふくらはぎやアキレス腱が硬い人

ふくらはぎやアキレス腱が硬いと引き上げる力が弱くなるため、足底筋膜で負担しやすくなります。

新しく靴を替えた

かかとが固定されない靴、靴底が薄すぎる靴、クッション性がない靴などは、足底筋膜に負担がかかりやすいです。特に靴のサイズがあっていない場合、歩いているときに靴の中で足が前後に動いてしまい、これも足底筋膜に負担のかかりやすい原因となります。

靴の中で足が動かないことで足底筋膜に負担をかけずに歩くことができます。

現代は昔に比べ、足のアーチを支える力が弱くなった人が増えています。靴の発達や運動不足など様々な原因が考えられます。足のアーチが体重や衝撃を支える力が弱くなると、足底筋膜に負担がかかるので固くなりやすく足底筋膜炎になりやすいです。

足底筋膜炎を放置するとどのようなリスクがあるのか?|倉敷市西阿知 このは整骨院

朝起床時に床にかかとをついたときに鋭い痛みを感じる人が多いです。起床後は準備をしているうちに忘れてしまうこともありますが、日中に椅子などに長く座った後に立ち上がった時には再び症状を感じることがあります。初期のころは運動中に痛いことはあまりなく、運動後に痛みが強くなることが一般的です。

悪化した場合の症状には個人差があり、急に強い痛みが出たり、徐々に痛みが強くなる方もおられます。悪化してしまうと痛みの軽減が難しく、治りにくい場合もあります。症状が進行しなかなか治りにくい場合は一年以上症状が持続する方もおられます。

足底筋膜炎を治療するために当院で行っている施術|倉敷市西阿知 このは整骨院

倉敷市のこのは整骨院ではこのような痛みのある方に対して、テーピングや鍼灸治療、超音波治療を行っております。足底筋膜炎の治療は基本的には安静を心がけ、症状が落ち着くまでは過度な運動や痛みの原因となったスポーツを行わないことが望ましいとされています。

当院では痛みを改善し、 日常生活やスポーツ活動に支障の出ないための施術を目標にしております。ふくらはぎの前面、後面の硬さ(柔軟性の低下)を取り除くためのマッサージを行い、自宅でできるトレーニングの指導も行っております。

足底筋膜炎でお悩みの方は、是非、倉敷市のこのは整骨院へお越しください。

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間