受付時間

このは整骨院

map

外反母趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の親指が小指のほうに曲がっている
  • 親指の付け根が痛い
  • 親指が人差し指の下にもぐりこんでいる
  • 歩いただけで親指が痛い

なぜ外反母趾になるのか?|倉敷市西阿知 このは整骨院

ハイヒールやパンプスのような幅の狭い靴をはくことが最大の原因とされています。また、生まれつきの偏平足である場合、母趾が他の足より長い場合、母趾の付け根の関節(中足骨頭)がレントゲンで見て丸い形をしている場合などが外反母趾になりやすいと考えられています。また全身疾患として、痛風、関節リウマチを持っている場合は外反母趾になるリスクが高いといわれています。

その他にも、歩く際にかかとから着地するのではなく、つま先や足全体を地面につけるような歩き方を日常生活でしていたり、足底の筋力が低下すると外反母趾を引き起こしやすいといわれています。

割合では女性のほうが多いですが、男性でも自分の足に合わない靴を履き続けたり、足裏全体をきちんと使わない歩き方を続けてしまうと外反母趾を発症してしまう可能性があります。

10歳代でおこるものには母趾が人差し指より長かったり、生まれつき偏平足ぎみであったりすると外反母趾になりやすいといわれています。最も多い中年期以降のものは履物に加えて、肥満と筋力低下等によって起こります。

健常な足には縦アーチだけでなく横のアーチがあります。

外反母趾はこれらのアーチが崩れて偏平足になり、中にある中足骨が扇状に開き、それから先の指は逆に靴で外側に圧迫されて起こります。

外反母趾セルフチェック

  •  ・親指が小指のほうに曲がっている
  •  ・親指の付け根が内側に出っ張っている
  •  ・親指の付け根が痛い
  •  ・親指の付け根が腫れて赤くなっている

  •  ・親指の付け根が靴にあたって痛い
  •  ・親指が第2指の下にもぐりこんで重なっている
  •  ・第2、3、4指が小指の方に曲がっている
  •  ・親指の付け根の関節が痛い
  •  ・第2指の付け根の関節の下が痛い
  •  ・足が平べったくなり先のほうが広がっている

外反母趾を放置するとどのようなリスクがあるのか?|倉敷市西阿知 このは整骨院

外反母趾は進行性の疾患なので様子を見続けた結果悪化してしまう可能性があります。例えば角度がどんどんきつくなった、痛みが強くなってきた、片足が両足になったなどのケースがあります。軽度の場合は歩き方の改善等で変化することはありますが、重度の場合では手術の適応になってしまうことも少なくありません。最近では日帰りで手術は可能といわれていますが、しばらくは装具をつけた状態のため、日常での歩行は困難となります。

軽度であったとしても進行すると痛みが強くなるだけでなく、靴を履いて歩くことが困難になることもあります。そうなると不必要な歩行は避けるため筋力が低下し、症状が悪化しやすいといわれています。痛みだけでなく、重度化すると病院で手術するための予算、オーダーメイドの靴やインソールを作る必要があるなど、金銭面でのリスクもあるといえるでしょう。

外反母趾を治療するために当院で行っている施術|倉敷市西阿知 このは整骨院

このは整骨院ではこのような症状の方に対して、微弱電流、テーピングや包帯での固定、鍼灸治治療、超音波療法やサポーターなど患者様一人ひとりの症状に合わせて様々なメニューを組み合わせた治療を行っております。

その他にも自宅でできるトレーニングの指導だけでなく、日常生活で履かれている靴に対してのアドバイスも行っております。靴を履いたときに親指が痛む、歩くとき体重をかけた時に親指に痛みがある等お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

外反母趾でお悩みの方は、是非、当院へお越しください。

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間