受付時間

このは整骨院

map

起立性調節障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 立ちくらみ
  • 疲れやすい
  • 長時間立っていられない

起立性調節障害とは?|倉敷市西阿知 このは整骨院

起立性調節障害は、自律神経系の異常で循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患です。立ち上がったときに血圧が低下したり、心拍数が上がり過ぎたり、調節に時間がかかりすぎたりします。この疾患は自律神経疾患なので身体的要素以外に、精神的、環境的要素も関わって起こると考えられています。身体的要因の一つとして、自律神経系が不安定になることが挙げられます。

小学校高学年〜中学生に多くみられますが、この時期は第二次成長期とも重なり、身体のさまざまな機能が大人へと変化していく時期です。この変化は自律神経系にも起こるため、循環器系の調節がうまくいかなくなることがあります。

また、真面目で気を遣うタイプの子どもが起立性調節障害になりやすいといわれていますが、これはストレスをため込みやすいという精神的、環境的要素に関連すると考えられます。

注意しなければいけないのは、あくまでも身体の病気であり、本人が頑張ればどうにかなるということではありません。起立性調節障害の症状は、思春期には健常な子どもでも自覚することがしばしばあります。すべてを疾患として扱う必要はありませんが、生活に支障をきたしている場合は疾患として扱い、診察を受ける必要があります。

起立性調節障害の典型的な症状は、「立ちくらみ」「疲れやすい」「長時間立っていられない」などです。また、朝起きられないことから、不登校になる割合も多いことが知られています。起立性調節障害小児の3分の2が不登校で、不登校小児の約半数が起立性調節障害を合併していたというデータもあります。

起立性調節障害の症状は他の多くの疾患でもみられます。そのため、血液検査、画像検査など、症状にあわせて必要な検査を行い、他の疾患でないことを確認する必要があります。他の病気が見つかることもしばしばあり、時に、もやもや病やQT延長症候群などの命に関わる病気のこともあるので、しっかりと他の疾患を除外することが重要です。

(1)起立直後性低血圧

起立直後の血圧低下からの回復に時間がかかるタイプ。

(2)体位性頻脈症候群

血圧の回復に異常はないが、起立後心拍の回復がなく上昇したままのタイプ。

(3)神経調節性失神

起立中に急激な血圧低下によっていきなり失神するタイプ。

(4)遷延性起立性低血圧

起立を続けることにより徐々に血圧が低下して失神に至るタイプ。

このは整骨院での治療方法|倉敷市西阿知 このは整骨院

このは整骨院でできる治療としては自律神経の調整をするために鍼灸治療や耳鍼をします。

また、ストレスを強く感じている方にはエレサスと言う微弱電流治療機を使って施術します。

身体で感じないぐらいの電気を流すので、鍼やお灸が苦手な方にはおすすめです。

執筆者:
院長 星野 由生司

柔道整復師と鍼灸師の両方の国家資格を保有している。
様々なセミナーや勉強会に参加して、知識や治療技術の習得をしてつつ、日々患者様に適切な治療を行っている。
所持資格:柔道整復師、鍼灸師

  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから

お問い合わせ|倉敷市 このは整骨院

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
instagram
instagram
instagram