受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

もっと免疫力

もっと免疫力

免疫力とは

免疫力とは、外敵から体を守り、病気を予防し、病気を治そうとする力です

ルフィも免疫力で助かっている

免疫の働きには「感染の防衛」「健康の維持」「老化・病気の予防」があり、がんやうつ病などの心の病気の予防も行なっています

免疫力を上げれば、我々の体の免疫機構は、病原ウイルスや病原菌から感性んを防ぎます

疲労や病気からの回復も早くなり、新陳代謝が活発になり、身体機能の低下や細胞組織の老化も防ぎます

一方で、免疫のバランスが崩れると、アトピーやぜんそく、花粉症などのアレルギー疾患や、関節リウマチなどの自己免疫疾患といった病気を起こす可能性があります

ここまでのまとめ

・免疫の働きは「感染予防」「健康の維持」「老化・病気の予防」

・免疫力が上がると「毎日現れるがん細胞の芽をつめる」「心の病気の予防」

・免疫力が下がると「ウイルスに感染しやすくなる」「アレルギー疾患が発生しやすくなる」「自分の免疫が自分を攻撃する自己免疫疾患の発生」

 

免疫力を下げている5つの要因

免疫力が低下することをしていては、いくら免疫力を上げようとしても意味がないです

そこで、免疫力を低下させている要因を5つピックアップして解説していきたいと思います

 

免疫力を低下させる要因

①加齢による免疫力の低下

②偏った食生活による免疫力の低下

③ストレスによる免疫力の低下

④不規則な生活習慣による免疫力の低下

⑤安易な薬の常用による免疫力の低下

 

加齢による免疫力の低下について

免疫力は20歳をピークに下がっていきます

その要因は、NK細胞の働きが低下してしまうためです

高齢になればなるほどがん患者が増えるのはこのためだと考えられます

歳をとってもこのNK細胞の働きの低下を防ぎ、高めていきたいものです

対策は、「笑うこと」

NK細胞の活性には笑うことがいいと科学的に証明されています

がん患者に吉本新喜劇を見てもらい、血中のNK細胞の活性を調べたところ、70%以上が活性化されたという実験報告もあります

みんな笑おう!!

 

 

 

偏った食生活による免疫力の低下について

小さい頃からの食習慣を直すのはなかなか難しいです

野菜を中心の食生活が健康の元という話は半分本当で半分嘘ですね

免疫細胞を作っているのはタンパク質です

タンパク質が不足すれば免疫力は低下します

年をとっているからこそ、肉や魚などのタンパク質を摂りたいものです

食が細い人はやっぱりプロテインなんかで補うのもありだと思います

対策は、食事の改善

肉を食べると便秘になる人がいます

そんな人は、しっかり噛むのはもちろんのこと、キノコ類やキャベツなどの食物繊維が多い野菜を摂りましょう

30超えたら、「タンパク質と食物繊維多め、糖質少々」が合言葉

 

 

ストレスによる免疫力の低下について

免疫系の中心NK細胞はストレスにとても弱いやつです

ラットの実験で、子育て中に親子を引き離すと、親ラットのNK細胞の働きは低下し、母親と一緒にいたラットまでNK細胞の働きが低下したというのです

ストレスは周囲を巻き込むものなので、なるべくイライラしている人の近くに近寄らないといった対策が必要になってきます

その他には寝る直前に自分の好きなものやことで気分を上げるのがおすすめです

お笑い番組を見る、ペットと遊ぶなどなんでもいいので楽しいことをして寝ましょう

不規則な生活習慣による免疫力の低下について

現代は夜型化が進み、寝る直前までスマートフォンやパソコンでYouTubeなんて見ている時代です

昔の日本に戻ろうとは言いませんが、自分の体調が良くないと感じているならば、少し夜型の生活を考えてみてもいいかもしれません

対策は、早起き早寝

朝早く起きましょう

そうすると夜になると眠くなります

昼過ぎまで寝ているから夜が眠くないのです

その他には、スマホの電源を夜になったら切る、ゆっくりお風呂に入るなど工夫してみましょう

安易な薬の常用による免疫力の低下について

市販の頭痛薬や下痢止め薬は緊急時にはとても便利なものです

しかし、薬の安易な服用は危険です(宮沢静虎もそう言っている)

本来、体に備わる免疫力が体をウイルスや細菌から守っていますが、薬によってこの免疫力が低下してしまいます

特に抗生物質は腸内の善玉菌を死滅させます

まさに死滅の刃・・・・・・・・・・・・・・・・・

対策は、意識改革

薬に頼る前にまず自分の生活を見直そう

食事、運動、休養がきちんとバランスよくできているか

大体の場合、食事は偏食で、運動はろくにしない、夜寝ないなどといった場合が多いです

そして大概の病気は、休養を取れば治ります

風邪でも休めない会社なんてやめましょう

 

 

うさぎ

 

 

ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ

交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから