受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

ダイエット総論、男女別ダイエット

ダイエット総論、男女別ダイエット

うさぎ

女性に比べ男性のダイエットはかなり楽な理由

腹筋 男女

男性は筋肉が多くて、女性は脂肪が多い

理由は以上です

これだけだと誰も納得してくれませんね^^;

しかし、筋肉は脂肪をエネルギーとして使うので基礎代謝が多くなり、筋肉量の多い男性の方が脂肪がつきにくいし落としやすいのは事実です

しかし、肥満気味の男女の場合、痩せにくくなるには別の要素も加わってきます

私の中高年の夫婦の患者様が、お互いに脂肪のついたお腹が気になり一緒にダイエットを始めたそうです

ところが、奥さんは「私の方が頑張っているのに、旦那はあっという間にお腹がへこみ、私は全然変わらない」と怒っていました

確かに、男性は短時間で結果が出やすく、女性は時間がかかります

理由は、男女の脂肪の付き方に大きな違いがあるからなのです

脂肪がカラダにつくメカニズムは、基礎代謝や消費カロリーよりも入ってくるカロリーが多ければつきます

これは男女ともに同じです

しかし男性は内臓に脂肪が付き、女性は皮膚の下に脂肪が付きます

内臓周りにつくのが「内臓脂肪」、皮膚の下につくのが「皮下脂肪」です

どちらも中性脂肪ですが、付く場所によって特徴が違うので解説いたします

内臓脂肪

内臓脂肪が過剰につくと、健康状態に悪影響が出やすく、生活習慣病(動脈硬化や高脂血症、高血圧や糖尿病)につながる可能性が高い脂肪です。しかし体脂肪の中でも優先的に燃焼する特徴があります

皮下脂肪

カラダに対する悪影響は少なく、むしろエネルギーの貯蓄や体温調節、外部からの衝撃に対するクッション的な役割、健康維持に欠かせない反面、内臓脂肪が燃焼した後に使われるためなかなかなくならない特徴があります

体脂肪が多くて異常ありの判断がくだされるのは、病気のリスクが高い内臓脂肪が多い男性が多く、女性は皮下脂肪が多いので異常なしの診断が多い傾向にあります

なので、男女で同じように有酸素運動をして、同じ食事でも男性の内臓脂肪の方が女性の皮下脂肪よりも早く減っていくのです

そのため、女性はお腹を凹ませたいがために、腹筋だけしたり、脂肪を揉んだり、絞り出そうとしても毛穴から脂肪が出てくるという事はありません

これは、二の腕やふくらはぎといったほかの部位でも同じです

皮下脂肪は部分的に落とすことは不可能です

内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させるには、有酸素運動、食事の見直し、筋トレしかありません

女性も男性も、継続できるような楽しい要素を取り入れる工夫をして、少しでも早く皮下脂肪を落としたい人は下半身を中心とした筋トレを取り入れていくといいでしょう

 

ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ

交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから