受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

ベンチプレスは目的で違う

ベンチプレスは目的で違う

見た目を変えたいのか?機能アップを目指すのか?を考える

男 考える

スポーツでは、腕の筋肉を鍛えるよりも下半身の筋肉を鍛える方がパフォーマンスが上がると私は考えます

ほとんどのスポーツが、単なる腕力だけを使った運動というものが少ない

大体下半身からのパワーを効率的に使うことで競技に勝利することが多いです

筋力だけで勝てるほどスポーツの世界は甘くないし、下手に腕力があるせいで、下半身を使わずに腕の力のみに頼ってしまい、競技のパフォーマンスを発揮できなくなってしまう可能性だってあります

腕力はないよりあった方がいいですが、腕力だけしかいらない競技というものはありません

腕相撲だってきちんと下半身を上手に使ってやっていますし、腕力が必要な競技にはもれなく下半身も鍛える必要が出てきます

競技パフォーマンスを高めたいと思って胸や背中、肩を鍛えた結果の副産物として腕が鍛えられるというのは問題ないですが、腕だけ鍛えるという必要はないということです

特に、胸や腕のトレーニングは楽しくなってやりまくってしまいがちなので、よく考えながら鍛えないと自分の競技に関係ない筋肉になってしまい、かえって邪魔になってしまう可能性も大きのです

 

目的別ベンチプレス方法

マッチョ 筋肉 男

筋トレをしている人でベンチプレスが好きな人は多いです

なんだかやってる感も出てくるし、すぐにパンプするので楽しくなってきます

おまけに高重量を上げると完全に周りの筋トレしている人にマウントを取ることができます

高重量を上げる人からしたら、低重量でベンチプレスをしている人は、ラディッツから見た地球人です

ドラゴンボール ラディッツ
出典「ドラゴンボール」鳥山明

しかし、「ベンチプレスは目的によってやり方が違うということを考えてやっている人はそんなこと言いません

自分の目的に合わない挙げ方をしていると、頑張っているのに効果が出てこなくてなかなか目的を達成できないことがあります

ここでは、目的ごとのベンチプレスのやり方を解説したいと思います

うさぎ

 

ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ

交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

LINE公式アカウント変更の為、LINEお友達登録を再度こちらからお願いします

友だち追加

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから