受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

筋トレで効率を考える

筋トレで効率を考える

みんな大好き有酸素運動

最近近所に新しい24時間タイプのジムがオープンしそうです

そのジムも外から見える所にランニングマシンやエアロバイクがずらりと並んでいます

私の知人にも、車でジムに行き1時間以上ランニングマシンで走るのが日課という人がいました

それなら普通に外を走った方がいいのではないか?というツッコミをしたくなる人もいると思いますがそこは武士の情けでここだけの話にしておきましょう

話を元に戻していきます

持久力に優れた農耕民族をルーツに持つ日本人は、有酸素運動がとにかく大好きです

日本ではどのジムに行っても、有酸素運動エリアはいつも混んでいるのに対してフリーウエイトエリアは比較的空いているのが現状です(私は嬉しい^^)

しかし、写真でもわかるように欧米のジムでは日本とは真逆で、有酸素運動エリアよりもフリーウエイトエリアの人が途切れることがなく順番待ちをしているなんてざらです

また、欧米では女性もボディメイクのために、当たり前のようにフリーウエイトを行っています(実際ブラジルでもそう感じた・・・)

日本では、フリーウエイトと聞くと「ゴリゴリな体なになってしまうのではないか?」と思っている女性の方が多いでしょう

しかし「みんな楽して痩せたい」「手っ取り早くいいカラダになりたい」と思っている人には男女ともにフリーウエイトを使うという選択肢は当たり前のことになっていきます

 ジムで有酸素運動に励む人のほとんどは、シェイプアップを目的としていますが、その点において「有酸素運動は一番コスパの悪い運動である」とだけいっておきます

基本的に低脂肪の増減は、「摂取カロリー」と「消費カロリー」の収支で決定します

つまり「運動で消費したカロリー」が「食事で摂取したカロリー」を上回れば体脂肪は減ります

しかし、おにぎり1個(120g)のカロリーを有酸素運動で消費するには、ランニングは約50分、ウォーキングでは約80分、自転車では約30分も続けてやらないといけません

 その点、無酸素運動は自分の体重を使った手軽な筋トレでも、自分の限界を超える意識で集中して行えば、ランニングの半分以下の時間で同じだけのカロリーを消費できます

 そのためシェイプアップが目的なら、ランニングマシンで長時間走るよりも、フリーウエイトを使って短時間でガツッと筋トレする方が、圧倒的効率といえます

 また、有酸素運動で鍛えられるのは、燃費が良く、鍛えても太くならない「遅筋」のみです

 

そのため、走れば走るほど、有酸素運動を頑張れば頑張るほど、心肺機能が上がる代わりに、瞬発的に大きな力を発揮する太い筋肉である「速筋」はどんどん衰えていきます

重く、エネルギー消費の激しい側近は、長時間の有酸素運動において邪魔でしかありませんから、そりゃそうでしょう・・・

体のイメージで言うと、短距離選手と長距離選手の体型を比べるのがわかりやすいです

マラソン選手
マラソン選手は細い
アニカ・オヌオラ、100メートル、女性、ランニング、フィニッシング
短距離走の選手は、太いがここまでなるには相当頑張らないといけない・・

結果的に、ボディメイクを成功させたいならば、有酸素運動に加えて無酸素運動(ウエイトトレーニング)も必ずやりましょう

無酸素運動は週に1〜2回で済む上に、短時間で大きな負荷をかけるほど甲賀が出るので、めんどくさがり屋さんやさっさと結果を出したいせっかちさんに向いている方法だといえます

人生は短くそんな時間はないのです・・・

そろそろやったった感だけで筋トレをするのではなく、効率の良いトレーニングに切り替えませんか?

この章のまとめ

無酸素運動は、カロリー消費、ボディメイクにおいて効率が良い

めんどくさがり屋さんや、せっかちさんは無酸素運動を取り入れないと時間の無駄

うさぎ

 

ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ

交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから