受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

筋肉と脂肪に関する疑問

筋肉と脂肪に関する疑問

筋肉はほっとくと脂肪になるのか?

 

猫 太る
ごろごろが好き

結論「なりません」

筋肉は筋トレをして鍛えると太く強くなります

逆に筋トレをやめたり運動不足になると、筋肉は少しずつ細くなっていきます

想像しやすいのは、足の骨折などをしてギブス固定をすると、6週間で筋肉は25%も減少するといわれています

また無重力状態では筋肉にかかる刺激が限りなく0に近いため、宇宙飛行士は船内で絶えずトレーニングをしていないと、地球に帰ったときには立つことさえもできなくなるほど筋肉は細く、弱くなってしまいます

宇宙兄弟 
出典 『宇宙兄弟』 小山宙哉

ここまで極端な感じにはならないにしても、学生から社会人になり運動する機会が激減すると、筋肉は当然少しずつ減少していきます

生活自体に変化はなくても、年齢を重ねるだけで筋肉は1年に「0.5%」

40歳を過ぎると「年率1%」程度減少するといわれています

ここでよく聞くのは「使わなくなった筋肉は脂肪に変わる」という言葉です

私は高校生のころ部活を引退した先輩がしばらくして姿を見せたとき、見る影もないくらい太っていたという経験があります

これは極端な例ですが、フィットネスクラブをやめてしばらく経つと、手足の太さはあまり変わらないのに「張り」がなくなり、プヨプヨしてきて、筋肉が脂肪に変わってしまったかのように感じることがあります

だが、これはそう感じるだけであって、筋肉が脂肪に変わることはあり得ません

筋トレをやめて筋肉の量が減ってくると、基礎代謝が低下します

筋力が落ちるため疲れやすくなっていきます

結果的に日常の運動量が減って消費エネルギーがますます落ち込むという流れになります

一方食生活というのは筋トレをやめてもほとんど変わらず、その結果使う量が減って入ってくる量が変わりませんから、エネルギー収支が黒字状態が生まれ、体脂肪が増加します

筋肉が細くなると同時に、小さくなった上に体脂肪が増えるので、筋トレをやめるとまるで筋肉が脂肪に変わってしまったかのような錯覚に陥ってしまうのです

逆に筋トレをすると、脂肪が筋肉に変わるかのように感じますがこれも幻です

さっきの話とは逆で、筋トレをすると筋肉が増加し、運動量も増えやすくなります

その結果、消費エネルギー量が増えて、体脂肪が減少してまるで体脂肪が筋肉に変わったような錯覚を受けるのです

筋肉はどんなに増やしていても、筋トレをやめてしまえばお金と同じように減っていきます

筋肉は徐々に細くなり、最終的には筋トレを始める前のレベルまで低下します

しかし、意外に思われるかもしれませんが、筋肉の維持のためには10日に1回か週に1回筋トレを行えばいいので、完全にやめてしまわずに定期的に継続していきましょう

うさぎ

 

 

ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ

交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから