受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

腰痛の対処法あるある

腰痛の対処法あるある

〇〇だけしたら腰痛は治るというものではない

「〇〇するだけで腰痛は治る」というタイトルの書籍が並んでいるのを見ると、ついつい手に取ってみてしまいます

腰痛に苦しんでいるひとにとって、この言葉はかなり魅力的に感じられるかもしれません

だが、大体の場合、本をめくっても画期的な方法は載っていません

よくある腰痛の体操やマッサージなどが掲載されているだけです

腰痛はなかなかの曲者で、たった1つの方法で全てが解決するということはほとんどありません

人間の体や生活習慣は個人個人で違うので、すべての腰痛がその方法で治るということはありません

思い返してみてください

自分が腰痛で動けなくなった時に、全く同じ条件で腰痛になったでしょうか?

ある時は、スポーツ中に傷めたり

ある時は、仕事のストレスで長時間座っていて傷めたり

ある時は、寝起きになんとなく体を動かして傷めたり・・・・

同じようなことで負傷する人もいるかもしれませんが、どれも時間も原因も違ったものではなかったでしょうか?

ここで、腰痛を水道のホースが詰まって水が出ないということに置き換えてみます

水を出したいのであれば、どうして水が出ないのか原因を探る必要があります

ホースのどこかが詰まっているのか?

どこかに穴があいて水漏れが起きているのか?

そもそも元栓が閉まっているのでは?

そうしたことを探っていかないと、水を出すことはできません

原因がわからずに解決するのは難しいです

たまたま結果が出ることがありますが、あくまでレアケースです

腰痛もそれと同じで、原因をしっかりと探っていく必要があります

その時に大切なのは、「原因は1つではない」ということです

 

例えば、骨盤の傾きに問題があり、それが腰痛の原因になっているが、精神的なストレスがあることで痛みが増幅している、という人がいたとします

この人の腰痛を解消するためには、骨盤を正常な状態に戻すことと、精神的なストレスを軽減するためのアプローチが必要です

まとめ

腰痛の原因は人それぞれ

腰痛の原因は一つにあらず(大体合わせ技です)

真実はいつもひとつじゃない

 

腰痛だから腰が悪いというわけではない

腰の痛みで治療をしているとその患者さんは腰以外の部位が機能していないことが多いです

なので、私は腰をほとんど触ることなく、「足」や「頸」なんかを施術していることが多いです

そんな時に「痛いのは腰なんだけど、なんでこの先生は腰を触ってくれないのだろう・・・」と、思うことがあると思います

その疑問を解消するために説明が必要になります

腰痛の原因が必ず腰の痛いところにあるのなら、話はわかりやすいのですが、なかなかそう単純ではありません

ではなぜ、離れた部位の異常が腰の痛みの引き金になっているのでしょうか?

みなさんご存知ないかもしれませんが、実は人間の体は全て繋がっています

何を当たり前のことを言っているんだと思われますが、大事なことなのでもう一度

「実は人間の体は全て繋がっています」

面白い実験で、おでこにテーピングを貼るだけで体を前屈しやすくなるという方法があります

これは、おでこの皮膚をテーピングで緩めることで繋がっているその他の体の皮膚が緩んで前屈しやすくなるという方法です

こんな感じで、ある部位に起きた異常が、離れた部位に影響を及ぼしてしまうことは治療かあるあるなのです

特に腰は、人体の要なので、脚や骨盤や背骨などの影響が現れやすいです

腰が痛いことに囚われ過ぎずに、木を見て森を見ずにならないようにする必要があります

まとめ

腰痛は腰が原因でないことが多い

腰は人体の要、その他の部位の影響をもろに受けるので痛みが出やすい

腰の痛みに囚われずに全体を見よう

 

うさぎ

 

ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ

交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから