受付時間

このは整骨院

map

スタッフブログ

「汗は体脂肪ではない」と言う話

「汗は体脂肪ではない」と言う話

運動をした時の汗とじっとしてかく時の汗の違い

 

汗 タンクトップ
じんわり汗をかく

 「汗をかくのが大好き」という人がいます

ジムなどで運動中にやたら厚着をして体を動かしている人や、サウナや岩盤浴、お風呂などで長時間一人我慢大会をして時間を費やしている人、「体を動かして汗をかく」「じっとしていて汗をかく」といった違いがあるものの、どちらの人もたくさん汗をかく事が好きなのでしょう

気持ちよさだけを求めてそれらを行っているならOKです

しかし、汗をかくことによって、脂肪燃焼や新陳代謝アップによる美肌効果を期待している人は・・・・

悪いわけではありませんが、少し効率が悪いかもしれません

汗は、体温調節機能の一部で、たくさん汗を書いても、脂肪燃焼や代謝が劇的に上がるわけではないのです

例をあげると、サウナなどで座ってかく汗、外気の温度が高いところにいると、我々の体は、脳や内臓などの心部の温度の上昇を防ごうとして、熱を下体の外へ逃がそうとします

この時、皮膚の血管を広げて血液量を増やし、皮膚温を上げて放熱します

やがて外気温と皮膚温の差が縮まると、うまく放熱できなくなるので、今度は体内の水分を蒸発させて放熱します

これが汗です

脂肪ではないのです

 それでは、運動をして出す汗はどうでしょうか?

運動を開始死すると筋肉が伸縮して、血管で運ばれた栄養素と酸素が次々とエネルギーを作り出します

「運動誘発性熱産生」というものです

しかし、全部を運動に使うのではなく、1部は体温調節に使います

血管拡張→血流アップ→皮膚温アップ→放熱です

運動量が多いと放熱しきれなくなり、体内の水分を蒸発させて放熱します

これも脂肪ではありません・・・

「体を動かしてかく汗」

「じっとしていてもかく汗」

も、汗自体は一緒で、体脂肪が溶けて汗になっているものではなく、脂肪燃焼には直接関係しないのです

ただし、運動をする場合は、エネルギーを作り出すのに体脂肪を溶かしますから、体脂肪は減ります

汗の量とは関係ありませんが、サウナよりも運動した方が体脂肪が燃焼するのはみなさんご察しの通りです

うさぎ

 

ブログが気になる方、ご質問がある方はぜひこのは整骨院へ

交通事故24時間対応‼︎
電話番号☞086-465-5639

お問い合わせ

このは整骨院

TEL

LINE

住所

〒710-0803
岡山県倉敷市中島467

アクセス

山陽本線 西阿知駅から
徒歩10分
無料駐車場あり

受付時間
  • lineでのお問い合わせ・ご予約はこちらから